テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成18年度 問41



IPネットワークのVPNサービスを実現する技術の一つであるMPLSの説明として、
適切なものはどれか。

ア IPプロトコルに暗号化や認証などのセキュリティ機能を付加するための
  規格である。

イ L2FとPPTPを統合して改良したデータリンク層のトンネリングプロトコル
  である。

ウ PPPデータフレームをIPパケットでカプセル化して、インターネットを
  通過させるためのトンネリングプロトコルである。

エ ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって、IPアドレスに依存しない
  ルーティングを実現する、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送
  技術である。

続きを読む

テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成18年度 問42



インターネットにおいて、AS(Autonomous System)間の
経路制御に用いられるプロトコルはどれか。

ア BGP

イ ISIS

ウ OSPF

エ RIP


続きを読む

テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成18年度 問43



ISDNのチャネル種別に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 一次群速度インタフェースで(23B+D)のBチャネルは、
  チャネル速度64kビット/秒で、ユーザ情報の転送だけに用いる。

イ 一次群速度インタフェースで(23B+D)のDチャネルは、
  チャネル速度16kビット/秒で、ユーザ情報と
  呼制御用信号情報の転送に用いる。

ウ 基本インタフェースで(2B+D)のBチャネルは、
  チャネル速度64kビット/秒で、呼制御用信号情報の
  転送だけに用いる。

エ 基本インタフェースで(2B+D)のDチャネルは、
  チャネル速度16kビット/秒で、ユーザ情報の転送だけに用いる。

続きを読む

テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成18年度 問44



DHCPを用いるネットワーク構成で、リレーエージェントが
必要になるのは、ネットワークにどの機器が用いられている場合か。

ア スイッチングハブ

イ ブリッジ

ウ リピータ

エ ルータ


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。