【産能大の通信講座】テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験対策コース



こちらは私がテクニカルエンジニア(ネットワーク)試験のために
初めて購入したものです。

私は意志が強い方ではないので、試験直前にならないとエンジンが
かからないタイプで、なかなか計画的に勉強が出来なかったのです。

この通信教育だと、各課題の提出期限が決まっているので、その日
までに、該当項目を勉強して提出資料を仕上げるという目的が出来る
ため、勉強を続けることが出来ました。

また、全課題を提出して平均60点以上取ると、「修了証明書」を
発行してくれます。

この通信教育は、「教育訓練給付制度」の対象になっているので、
修了後、受講料の20%又は40%が給付されるので、モチベーション
維持に繋がりました。
<教育訓練給付制度>
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/anteikyoku/kyouiku/index.htm

通信講座の詳細は下記の通りです。

<受講期間>
5か月

<在籍期間>
10か月

<教材構成>
●合格ナビゲータ
●学習の手引き
●午前基本テキスト(2冊)
●基本テキスト(2冊)
●午前問題突破作戦(1冊)
●記述式突破作戦(1冊)
●事例解析突破作戦(1冊)
●実力テスト(3回)
●記述式対策実力テスト(1回)
●事例解析実力テスト(1回)
●公開模試(1回)

<価格>
37,800円 (税込)
タグ:通信講座

3週間完全マスターテクニカルエンジニア(ネットワーク)



テーマの解説→演習の流れで、短期間でテキストを終わらせられるので、
試験1ヶ月前の最終確認に利用しました。

逆に最初に勉強するテキストとして、これをさらっと勉強してから、
過去問対策にとりかかるのもよいと思います。

簡単なレベルの説明も丁寧に載っているので、初心者でも解り易いと
思います。
また、高度な応用問題レベルの説明も詳しく載っていますので、
既にネットワークの知識をある程度お持ちの方でも参考になる
テキストだと思います。

<価格>
2,940円 (税込)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。