テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成16年度 問38



CSMA方式のLAN制御に関する記述として、適切なものはどれか。

ア キャリア信号を検出しデータの送信を制御する。

イ 送信権をもつメッセージ(トークン)を得た端末が
  データを送信する。

ウ データ送信中に衝突が起こった場合は、直ちに再送を行う。

エ 伝送路が使用中でもデータの送信はできる。


<答え>
【ア】

ア 正解

イ トークンパッシング方式の説明です。

ウ 衝突が起こった場合には、「待ち」を行った
  後に再送します。

エ 伝送路が使用中の場合には送信を行いません。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。