テクニカルエンジニア(ネットワーク) 平成16年度 問39



1000BASE-LXに関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 10BASETや100BASE-TXと、リピータハブを介して混在できる。

イ 100BASE-Tとは異なるフレームフォーマットを使用している。

ウ IEEE 802.3のCSMA/CD方式のLANである。

エ 光ファイバケーブルは、100BASE‐FXとは異なる種類を使用する。

<答え>
【ウ】
ア 10BASETや100BASE-TXはツイストペアケーブルを
  利用していますので、光ファイバを利用している
  1000BASE-LXとリピータハブで接続することは出来ません。

イ 100BASE-Tと1000BASE-LXはどちらもイーサネットで
  用いられる規格ですので、フレームフォーマットは同じです。

ウ 正解

エ 100BASE‐FX、1000BASE-LX両方とも、シングルモード、
  マルチモード両方の光ファイバが利用出来ます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。