平成18年度 問20

ソフトウェア開発・保守工程において、リポジトリを構築する理由はどれか。

ア 各工程での作業手順を定義することが容易になり、開発・保守時の
作業ミスを防止することができる。
イ 各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり、
作業の進捗管理が容易になる。
ウ 各工程での成果物を一元管理することによって、用語を統一する
こともでき、開発・保守作業の効率が良くなる。
エ 各工程での発生不良を管理することが可能になり、ソフトウェアの
品質分析が容易になる。

【ウ】
リポジトリ(repository)とは、データや情報、プログラムなどが体系だてて
保管されている場所のことです。

ア リポジトリ構築により、各工程での作業手順を定義することが容易
にはなりません。
イ 各工程での作業予定と実績を関連付けて管理するには、スケジュール
管理などのツールを利用することで進捗管理が容易になりますが、
リポジトリ構築の理由ではありません。
エ リポジトリ構築により、各工程での発生不良を管理することとは
つながりません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。