平成18年度 問18

WANで結ばれたサーバを使ったグループウェアのアプリケーションとして、
画像情報を含む大量のデータを定期的に更新する必要がある商品カタログ
システムと、リアルタイムの更新が要求される会議予約システムを開発している。
このグループウェアには複数のサーバ間で自動的にデータベースの内容を一致
させる複製機能があり、指定した時刻に更新内容を複製元のデータベースから
複製先のデータベースに反映することができる。
データ量とアプリケーションの運用面を考慮した、適切なデータベース配置
はどれか。

ア 商品カタログシステムは単一サーバ、会議予約システムは複製を使って
  複数サーバに配置
イ 商品カタログシステムは単一サーバ、会議室予約システムは別の単一
  サーバに配置
ウ 商品カタログシステムは複製を使って複数サーバ、会議室予約システム
  は単一サーバに配置
エ 商品カタログシステムは複製を使って複数サーバ、会議室予約システム
も複製を使って複数サーバに配置

【ウ】
商品カタログシステムは、大量のデータを定期的に更新する必要があるので、
複製サーバによりデータベースを分散させることにより、定期的なデータ更新
の際のNW輻輳を予防できます。
また、会議室予約システムはリアルタイムの更新が要求されるので、複数サーバ
にデータを分散させると、スケジュールの不一致などの問題が生じる可能性が
あるため、単一サーバに配置します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53958748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。