平成18年度 問13

UMLで用いる図のうち、オブジェクト間で送受信するメッセージによる
相互作用が表せるものはどれか。

ア コンポーネント図
イ シーケンス図
ウ ステートチャート図
エ ユースケース図

【イ】
UML(Unified Modeling Language)とは、オブジェクト指向のソフトウェア
開発において、プログラム設計図の統一表記法です。
シーケンス図とは、オブジェクト間のメッセージのやり取りを時間に沿って
表したものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53958746

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。