平成18年度 問9

インターネットにおける電子メールのヘッダに含まれているContent-MD5
フィールドの用途として、適切なものはどれか。

ア 電子メール検索の高速化
イ 電子メールに含まれているディジタルデータの著作権保護
ウ 電子メール配信中のデータ損壊の検出
エ 電子メール発信者の認証

【ウ】
ア 電子メールの検索の高速化とは関係ありません。

イ ディジタルデータの著作権保護は電子メールのヘッダ等による保護は
  ありません

ウ 正解

エ 電子メールのヘッダにあるFromフィールドに発信者のメールアドレスが
  記載されますが、内容を変更可能んため、認証とはいえません
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53958742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。