テクニカルエンジニア(ネットワーク)平成18年度 問8

フォールトトレランスに関する説明のうち、適切なものはどれか。

ア ソフトウェアのバグによるシステム故障のようなソフトウェアフォールトに
  対処した設計を、フェールソフトと呼ぶ。
イ フェールセーフはフォールトトレランスに含まれるが、フェールソフトは
  含まれない。
ウ フォールトトレランスの例として、システム全体を二重化する方式がある。
エ フォールトトレランスは、システムを多重化することなく、故障の検出から
  回復までの時間をゼロにすることである。

【ウ】
ア フェールソフトとは、システムに故障が発生した場合に、被害を最小限に
  押さえて(処理能力や機能が低下しても)、運用を継続することです。

イ フェールセーフは、フォールトトレランスに含まれません。

ウ プログラムカウンタの値は、一つのプロセス内のスレッドが共有しません。

エ フォールトトレランスでは、一般的にシステムを多重化します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53958741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。